2013年06月08日

続々々・炊飯器でお米1粒炊けるのか?

結局炊飯器でお米1粒は炊けなかった。
1粒くらい炊けるだろうと安易に考えていたが、まさかの結末。
でも仕方ないか。
色々と試したし、これで無理ならもう無理だよな。
と諦めたつもりだったが頭の片隅にいつもこの事が。
おかげで毎日気持ちよく寝れない。
目の下でくまが大暴れだ。
これは決着をつけなければならないようだ。

だがしかし僕がやれる事は全てやった。
この先どうしたらいいんだ?
そこで思いついた事が。
そうだ。
専門家に聞こう。
専門家ならこの問題を解決できるはずだ。

よしっ。
じゃあ炊飯器を造った会社に聞いてみよう。

とある会社に電話してみた。
プルプルプルプル、ガチャ。
僕「もしもし。」
担当者「はい。」
僕「ちょっとお聞きしたいんですが。」
担当者「はい。」
僕「炊飯器でお米1粒って炊けるんですか?」
担当者「えっ?1粒ですか?」
戸惑う担当者。
担当者「1粒はちょっとなんとも言えないですね。」
僕「そうですか。」
担当者「はい。」
僕「・・・。」
担当者「・・・。」
僕「わかりました。」
ガチャ。
専門家でもわからなかった。
そりゃそうか。
1粒で炊くためには造っていないもんな。
だが今回僕がこれを成功させ次からは自信を持って、
「1粒でも炊けます。」と言ってもらえるようにしよう。

炊飯器の専門家が無理ならと、
次はお米を炊く事に対して詳しい人に聞いてみよう。

ネットでそういう方はいないかと探していると、
炊飯器でご飯を美味しく炊く研究をしている方を発見。
探せばいるんですね、こういう方が。
そこにはなんとベストな水分量が書いてあった。
その内容とは?

お米に対して水は1、1倍。

なるほど。
これはいい情報をゲットした。
今まで適当に水を入れていたが、この情報通りに水を入れれば炊けるはず。
光が見えた。
砂漠で脱水症状の中、オアシスを見つけたような気持ち。
これで炊けると信じて作業開始。

まずはいつも通り炊飯器に米を1粒入れる。

image-20130608165927.png

お米に寂しい思いをさせるのはこれで最後にしたい。
そう願いながら水を入れる。
米の1、1倍だから米よりちょっと高いくらいまで水を入れる。

image-20130608170014.png

これで炊けると思うと嬉しい。
スタートを押して45分待つ。
感動のフィナーレが目の前だ。
期待に胸膨らませ炊飯器を開けてみると、

image-20130608170030.png

うわぁー。
周りがカピカピだぁー。
これは完全に水分が足りないようだ。
結局無理だったとは。
何が美味しく炊ける水分量だよ。
カピカピに炊くための水分量じゃないかよ。
こんな事ならやらなきゃ良かった。
とりあえず炊飯器から取り出して食べてみる。

image-20130608170043.png

いただきまーす。
パクッ。
あれ!?
固くないぞ。
嘘だろ!?
まぁ、ちょっと固いは固いが普通に食べれる。
普通のご飯が炊けたぞぉー。
カレーをかけて食べたかったぞぉー。
よっしゃー。
炊けたぁー。
長かった闘いだがようやく勝利。
なんとか炊く事ができたぁー。
これで炊飯器はお米1粒でも炊けるという事が判明。
だが、だからなんだっていうんだ、という虚しい気持ちがどんどん襲ってきた。






posted by おまめサンシロー at 17:01| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。